polymer_dart

上の画像はPolymerElementを開いたところ。

WebStormはJetBrainsという企業が提供するWeb開発用IDE。

https://www.jetbrains.com/webstorm/

JetBrainsは日本では残念ながらいまいち知られていない気がするが、各メジャー言語にそれぞれ質の高いIDEを提供していることで人気がある。最近はAndroidStudioでJetBrainsを知った人も増えてきたのでは。自分は普段Python用IDEのPyCharmを愛用している。

Dartで書くときはDartEditorを使ってきたが、最近WebStormのDartサポートが進んできたので、DartEditorからWebStormにメインのDart開発環境を移行していく。

DashはMacで楽にDocumentを参照できるアプリ。

http://kapeli.com/dash

現在、Dart, PolymerDart, AngularDartのDocSetが利用できる。DocSetのインストールはPreferences -> DownloadsからDartを検索するしてDownloadするだけ。

で、Dash Pluginを使えばWebStormからショートカットでDashのDocumentを開くことができる。

https://github.com/gdelmas/IntelliJDashPlugin#readme

このPluginのインストールは通常のPluginのインストール手順通り、 Preferences -> Plugins -> Browse repositories で Dashと検索してインストール。

その後WebStormを再起動してDocumentを参照したいものの上でCmd-Shift-DでDashの該当Documentが開く。

WebStormを始めJetBrainsのIDEは一部の製品を除き有料だが、非常に便利で元は十分取れるので、日本のJetBrainsユーザー仲間がもっと増えてほしい。